Let'sosmart!

人事労務管理システムがあると人事担当者の業務負担を軽減できる

会社が成長して多くの仕事をさばかなければならない状況になってくると、まずはスタッフを採用することを考えなければなりません。しかし、採用には、通常、多くの書類手続きがつきものです。まだ新しくて規模が小さいビジネスで人事の専門担当者がいない場合、人事・労務管理関連の書類を扱う作業を持て余してしまうでしょう。
そんな場合は、早期に人事労務管理システムを導入して、採用したスタッフ自身が必要な情報の入力をすれば、手続きを完了できる体制を整備しておくのがおすすめです。仮に、ある程度の規模の会社で人事担当者がいる場合でも、会社の成長スピードが速く、その勢いに乗って、ある時期に大勢の新人スタッフを雇い入れることもあるでしょう。にもかかわらず人事担当者を増員していなかった場合、全ての人事労務関連業務を文書で行っていると、人事担当者の業務量が過剰になることは容易に想像がつきます。人事労務管理システムを導入しておけば、そうした心配もなく、どれだけ採用人数をふやしても、スマートに人事・労務管理手続きを進めることが出来るでしょう。
また、人事関連の文書は、作成後、一定の年限保存する必要がある場合が多く、ファイルの保管場所確保も課題になります。電子システム化されていればこの問題も回避できるので、是非、導入をおすすめします。

人事労務管理関連業務をまとめて処理できるシステムがおすすめ

人事・労務管理に関連した業務は非常に広範囲であり、また、社員が多くなればなるほど、処理すべき業務量もそれに比例して増加します。その幅広い人事労務管理業務のどこを手作業で行い、どこをシステム化するかについては、会社によってやり方がまちまちなのが現状です。最初に給与計算のシステムだけを導入して、勤怠管理などは手作業のままで通してきてしまった会社もあれば、勤怠管理だけは海外本社と共通のものを使うためシステムを導入したものの、他はペーパー対応というところもあります。しかし、これから新しく人事労務管理システムを導入することを検討中なら、大半の業務をまとめて処理できる一体型のシステムか、少なくとも互いに連携可能なシステムを選んでおくことをおすすめします。
一体型のシステムでは、例えば、給与計算、労務管理、勤怠管理といった人事関連の諸業務を、全て一つのシステムで処理することができます。実際、こうした業務のうち、一部を手作業にして、他についてシステムを使うべき合理的な理由は何もないですし、一つのシステムで済ませる方が、入力ルールを覚える必要があるスタッフにとってもありがたいでしょう。
人事労務管理システムを導入するなら、関連業務をまとめて処理できるタイプのものを選びましょう。

申請関連業務のスピードアップと効率化が図れる人事労務管理システム

会社の従業員にとって、人事と労務管理に関連して、自ら申請・承認してもらう必要がある手続きは沢山あります。例えば、休暇の申請一つとっても、通常の有給休暇の申請、忌引きのための休暇申請、婚姻に伴う休暇や傷病休暇など、会社が就業規則上認めている休暇は、基本的にすべて事前申請と上司による承認が必要なところが多いでしょう。従業員が数人という小規模な会社であれば、こういった申請手続きを書類で行っても、人事担当者や上長の負担はさして大きくはないかもしれません。しかし、何百人という規模の会社だと、社員の申請をさばくだけで人事・労務管理関連業務の担当者は手一杯になってしまうでしょう。
そんな事態になるのを避けるためにも、人事労務管理システムを導入して、申請手続きを電子的に行えるように体制を変更することをおすすめします。休暇に限らず、人事労務関連の申請は締め切りが決まっているものも多く、文書で処理していると、書類作成の遅延、書類にミスがありそれを訂正しているうちに締め切りを超過した、上長の捺印が必要なのに長期出張中で不在である等のトラブルで、手続きが間に合わない場合も多いです。システム化されていれば、同じ手続きを遥かに効率よくかつ迅速に処理することができるでしょう。


役所に行く手間が省けます!メリットが多い労務管理システムを会社に導入してみませんか? 【DirectHR】は社労士向け20年の実績がある「社労夢」が提供しているサービスなのでおすすめですよ!

伸びする女性

Information

PCで作業する女性

書類ベース業務の電子化でストレス軽減できる人事労務管理システム

会社の仕事の中には、書類でやり取りすることがメインのものと、電子的に処理されるものとが混在して…

more read

作業の俯瞰

効率の上でメリットが多い人事労務管理業務のシステム化

勤怠管理や給与計算、労務管理など、人事に関連した業務を紙ベースで行っている会社も沢山あるでしょ…

more read

大量の資料

事業拡大に備えてシステム導入で人事労務管理業務の効率化を図ろう

スタートアップの時期を卒業して事業の拡大を図って行こうとする際、意外な盲点になるのが、人事・労…

more read

時計

効率化と省スペースによる経済的メリット大の人事労務管理システム

現在、自社で、人事と労務管理の諸業務のために、どれだけのリソースが消費されているか正確に把握さ…

more read